・皆さんはプランスゴールドという投資法をご存知でしょうか? プランスゴールドは詐欺ではないのかと話題になっている暗号通貨の投資法になります。 プランスゴールド(PGA)は、利用者から預かった資金を同一取引所内で3つの暗号通貨に交換し続けることで収益をあげる仕組みとなります。 一日の最大エントリー回数は3回で月利20%の利益が得ることができるとのことです。 また、最低運用額が決まっており運用資金によって獲得することができる利益も決まります。 運用プランはこちらです ・1000~4999ドル=利益3倍まで ・5000~9999ドル=利益4倍まで ・10000ドル以上=利益5倍まで 最大値の5倍達成までは10000ドル(100万円)の運用で25か月かかります。 元本分は5か月で回収できます。 もしこれが本当だとしたらみんなお金持ちになれますね。(笑)

プランスゴールド(PGA)の出金に関しての情報になります

暗号通貨を使った投資案件は元本ロック(運用プランが満期になるまで元本を出金できない)がありますが、プランスゴールドは元本ロックがない為いつでも入金分を出金できるとのことです。 ただ、元本分を出金してしまうとそれまでに得た利益分は出金できなくなるようです。 これは実質、元本ロックなようなものですね(笑) 「途中で運用を辞めるなら利益はあげない」ということですね。 これは暗号通貨投資案件でよくあるポンジスキーム(出資金詐欺)の手口ですね。 最初は出金できるような仕組みですが、2年、3年と預けているうちに飛ぶパターンが多いので注意が必要です。特に暗号通貨案件はポンジスキームが多いので要注意です。 また、元本ロックが無いのでいつでも出金できますが、出金手数料がかかる為、途中で解約するとマイナスになります。 この点をしっかり考えた上で投資を行ってください。

プランスゴールドのライセンスについて

プランスゴールドの金融ライセンスについてはSNS上では中国金融庁に登録されていると多く見かけますが私が調べたところ、掲載元は金融庁の登録ではなく、 登記情報閲覧サイトに繋がるものでした。 プランスゴールド(PGA)は金融庁の登録がありません。 SNSで発信されている情報はデマがほとんどでした。 この部分が投資案件には一番気を付けないといけないところです。

まとめ

プランスゴールド(PGA)投資案件は高ハイプ案件ですが、金融庁の登録を偽る紹介者が多いこと(紹介者報酬目的)、実際に無登録会社であること、元本はいつでも出金できるがプラン途中で出金した場合いかなる時でも利益分は出金できなくなることなど、信用性に欠ける点が多くリスクがあるので合法性は低いとみています。 ポンジスキーム詐欺の特徴が多く見受けられる為おすすめはしません。