本を書き上げたあと、次に悩むことは本のタイトル決めだと思います。

本のタイトルによって、売り上げは大きく変わってきます。

ではどのようなタイトルをつければ、売れるのでしょうか?結論から言うと、思わず読みたくなるようなタイトルをつけるのが正解です。

例えば、与沢翼氏が出した「秒速で1億円稼ぐ男」という本がありますが、こんなタイトルがついていれば、思わず読んでみたくなりますよね。

その他にも、神田正則氏の「非常識な成功法則」なども、中身を知りたくなります。

つまり、本を売るためには、思わず読んでみたくなるようタイトルをつけることが重要です。

ここからは僕が行っている投資法について紹介いたします。

僕が運用しているのはFXSUITで行う「さんすくみ」という手法です。

さんすくみは書籍出版同様に不労所得の仕組みを構築できるものになります。

さんすくみを運用すると月利15%の運用を安定して獲得することができます。

口座開設も手法も簡単に導入することができるので是非、皆さんもFXSUITを導入してみてください。